教室紹介

ご挨拶

北八王子にある町の小さなピアノ教室フィオリトゥーラ音楽教室主宰者の三浦舞子です。

ありのままを音楽で表現できるよう個性を大切に、少しの肯定感を大切にすることをモットーに、一人ひとりの個性や「できた!」を大切にしています。

音楽を楽しみながら、一歩ずつ、少しでもできた!と思えることを増やしていけるように、一緒に歩んで進めていきたいと思っています。

音楽を通して、楽しいと思うことや、癒されたと感じることなど、その気持ちを大切にしています。色々なことを思うことで、音楽の形式にとらわれることなく、個人の思いが、イメージや色と重なり合って、より豊かに音楽を表現することにつながると思っているからです。

諦めないで最後までやり抜く力や、集中力、表現力を身につけていくこと、また、自立心を養い、個性を伸ばしながら、自分の思いをより形に表現できるように、音楽を通してお手伝いさせていただきます。

指を動かすことで脳の活性化を良くしていくため、自律神経を整えていく効果も期待ができると思います。幼児さんから大人の方まで、それぞれの生活スタイルに合わせながら、無理のないように、柔軟に、レッスンをしていこうと思いますので、何か小さなことでも気になることがございましたら、ご相談していただきたいと思います。

皆さまが、音楽を共にして、少しでも長く続けていけるように、また、音楽を好きになってもらえるように、フィオリトゥーラ音楽教室が、皆さまにとって成長できる居場所になれることを願っています。いまの生活に音楽を取り入れてみませんか。一緒に音楽をEnjoyしましょう!

profile

ピアノ講師プロフィール

 3歳から近くの楽器店でピアノを習いました。はじめは緊張がとれず、力の入りすぎる子どもでした。よく先生からは「脱力だよ」と言われていたのを思い出します。それでも、ピアノを弾くと、とても嬉しくなり、自分の中で、色々な物語や表現をしながら、色々な曲を弾くことが楽しくなりました。

 小学4年生の時、母が近くにヨーロッパからオーケストラが来ると、コンサートに連れていってくれたのがきっかけとなり、(私もピアノを舞台で弾けるようになりたいな)と思うようになりました。

 専門的に学び始めたのは中学生の時で、今まで師事してきた先生方に、「今からでは遅いね」と言われながらも、毎日、必死になってピアノを練習したことを思い出します。今では、あの時に感じた辛さや、苦しい思いがあったからこそ、今、言葉ではなかなか言い表すことが出来ない大切な思いや、ピアノを楽しんで弾くことの大切さを伝えていくことができると信じています。

 その後、東邦音楽大学付属東邦第二高等学校(ピアノ科)卒業、副科で、トランペットを吹いていました。中学生の時、吹奏楽部でチューバを吹いていた為、トランペットに憧れており、高校生になったらチャレンジしようと思っていました。なかなか難しい楽器でしたが、その頃の私には、癒しの時間になり、気分転換になっていたのだと感じます。

 それから、昭和音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ音楽コース卒業し、すぐに子どもたちに音楽の素晴らしさを伝えたいと思い、自宅と知り合いの音楽教室等でピアノを7年ほど教えていました。掛け持ちしながら、IT関係の接客業や、博物館で接客や演奏のお仕事をしていました。

 途中、福祉を学ぶため学業に専念し、音楽から離れる期間もありましたが、違う分野で学んだことで、とても視野が広がり、全てにおいて無駄なことは一つもないと人生を前向きに考えられるようになりました。

 直近では、児童施設や、小学校の特別支援の教育支援に携わりました。この福祉教育の現場での経験と、ピアノ講師として培った音楽の技術を活かして、子どもたちや音楽を楽しみたい人たちに、ピアノを楽しく、柔軟に優しく、一人ひとりに合ったオーダーメイドのレッスンをしていきますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

♢資格♢

中学校・高等学校教諭一種免許状所持、児童指導員任用資格取得、社会福祉士受験資格あり、マインドフルネス認定カウンセラー、勇気づけカウンセラー

ローランド芸術文化振興財団第5期マスタークラス修了、日本こども教育センターリトミック講師認定

アンチエイジング・ミュージック・セラピスト養成講座実践セミナー修了

ABRSM Japan Teachers’Network正会員、MTC(宮地楽器指導者友の会)会員、山野楽器パートナーシップ会員